世界大戦が勃発したら最も安全な国は?―英メディア

2018年4月16日 07時00分

14日、英BBCはこのほど、「世界大戦が勃発した場合、どの国が一番安全か」に話題が集まっていると伝えた。写真はアイスランド。(Record China)

[拡大写真]

2018年4月14日、中国メディアの参考消息網によると、英BBCはこのほど、「世界大戦が勃発した場合、どの国が一番安全か」に話題が集まっていると伝えた。

【その他の写真】

記事によると、安全性が高いと目されるのは、主に他の国から遠く離れた島国や中立国だ。英紙デイリー・エクスプレスは3月末、安全性が高い国として、アイスランド、フィンランド、スロヴェニア、スイス、ニュージーランド、シンガポールを挙げている。

一方で記事は、欧州の国々について、北大西洋条約機構(NATO)と深く関わっている国が少なくなく、ロシアの脅威が大きく、陸続きで他の国々に接しているなどの理由で、安全性に疑問がつきまとうと指摘する。

豪シドニーのシンクタンク、経済・平和研究所(IEP)は毎年、世界163カ国・地域を対象にした世界平和度指数(Global Peace Index)を作成してしる。日本もトップ10にランクインしているが、日米同盟によって戦争に巻き込まれる可能性は低くない。ロシアとの間では北方領土の問題もある。

南西太平洋の島国・ニュージーランドは、他の国から離れており、しかも石炭や石油を自給自足できる。シンガポールはパスポートの通用度が高く、治安もいい。ポルトガルは第二次大戦で中立を保ち、いまだ外国の戦争に巻き込まれたことがない国だと、記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。