なでしこ、準決勝で中国と対戦=中国ネット「日本とはまだまだ差」「実力は中国の方が上」

2018年4月16日 20時20分

15日、騰訊体育は、女子サッカーアジアカップの準決勝で中国と対戦する日本代表のMF増矢理花が、中国戦に対する意気込みを語ったことを伝えた。写真は中国女子代表。(Record China)

[拡大写真]

2018年4月15日、騰訊体育は、女子サッカーアジアカップの準決勝で中国と対戦する日本代表のMF増矢理花が、中国戦に対する意気込みを語ったことを伝えた。

グループリーグ最終戦でオーストラリアと引き分けた日本はグループ2位で準決勝進出を決めた。準決勝ではもう1つのグループで1位となった中国と対戦することが決まった。

記事は「準決勝進出決定後、オーストラリア戦に先発した日本の選手たちは丸1日を休息と調整に充てた。一方で、控え選手たちはグラウンドで練習を行い、紅白戦を含めて約90分間体を動かした」と紹介している。

そして、練習終了後に増矢がメディアの取材に応じ、オーストラリア戦について「1-0で勝つべき試合だったが、相手のフィジカルとスピードが強く、しかも自分たちのサッカーをされてしまったことで、最終的に追いつかれてしまった」と語ったことを伝えた。

増矢はまた、準決勝の中国戦について「中国もアジアのチームだが、フィジカルがとても強い。しかも攻撃の意識が高い。厳しい戦いになると思うが、勝ちたい」と語っている。

中国のネットユーザーは「日本に勝って、男子に手本を見せてほしい」「中国が勝ってほしいけど、日本とはまだまだ差があることを認めないといけない。実力以上のものを発揮してくれれば」「もうワールドカップには行けるから、日本戦は勝ち負けを気にせず若手の経験の場にしてほしい」「日本は負ける。今の中国女子代表の実力は日本より上だよ」といった声を寄せている。(翻訳・編集/川尻)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。