羽生結弦の凱旋パレード、中国・韓国のファンも徹夜で場所取り=現場では中国語の歓声も―中国メディア

2018年4月23日 22時20分

23日、捜狐体育は、仙台市で行われた羽生結弦の凱旋パレードについて、「現場では中国のファンが中国語で叫んでいた」と報じた。写真は平昌五輪での羽生。(Record China)

[拡大写真]

2018年4月23日、捜狐体育は、仙台市で行われた羽生結弦の凱旋パレードについて、「現場では中国のファンが中国語で叫んでいた」と報じた。

22日に行われた五輪連覇を祝う凱旋パレードには、ソチ五輪の時の9万2000人を上回るおよそ11万人の観客が詰めかけた。記事は、「沿道の観客からは熱い思いがあふれていた。パレードには日本以外の国のファンも駆けつけ、現場では中国語の『加油(頑張れ)』という声も少なからず聞かれた」とその様子を伝えた。

また、「パレードが行われた通りでは、前日の夜から場所取りをするファンが大勢いた。主に20~60歳の日本人女性のファンで、他に中国や韓国のファンも夜を徹して並んでいた」と伝えている。

記事はこの他、羽生の写真や衣装、スケート靴、メダルなど約200点が展示される「応援ありがとうございます!羽生結弦展」が日本の5つの都市で開催されることに触れ、「日本で巻き起こっている“羽生旋風”はまだ続きそうだ」と報じている。(翻訳・編集/北田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。