スタバが中国での発展を加速、22年までに6000店に―中国メディア

2018年5月18日 11時40分

中国のコーヒー市場をめぐる戦いが激しさを増している。業界大手の米スターバックスが中国での発展ペースを加速させると発表した。(Record China)

[拡大写真]

中国のコーヒー市場をめぐる戦いが激しさを増している。業界大手の米スターバックスが中国での発展ペースを加速させると発表した。北京晨報が伝えた。

スタバは16日、初めて中国で開催した2018年のグローバル投資家交流会の場で、今後5年間に中国市場での発展ペースを加速させると発表。今後5年間は毎年、新店舗600店をオープンし、22年9月までの22年度に中国市場の店舗数を現在の2倍の6000店に増やし、カバー都市を230都市に増やすという。現在、スタバは中国141都市に3300店舗を開設し、従業員は45000人に上り、平均すると15時間に1つの新店舗がオープンしていることになる。

またスタバは、22年度末までに、中国での総営業収入を17年度の3倍以上に増やし、営業収入も2倍以上に増やす予定だ。

スタバは中国で没入型体験店をより多く開設することを決めた。同日には、今年6月に北京で新しい多重体験型旗艦店のスターバックス・リザーブTM北京坊旗艦店をオープンすることを明らかにした。これは焙煎工房を除けばスタバの世界最大の店舗になるという。

また、スタバは中国の食品大手・康師傅との提携を進めて、コーヒー飲料や家庭用コーヒーの市場に力を入れるとしている。特に家庭用の分野では、スイスの食品大手ネスレと世界のコーヒー市場で提携する道を選んだ。

世界的コーヒー大手のスタバが中国市場における高度成長を遂げていると同時に、中国のコーヒーブランドも急速に市場シェアを拡大している。資本の奔流に巻き込まれそうな中国ブランドだが、インターネットのデリバリーコーヒー、スペシャルコーヒー、コンビニエンスストアのコーヒーなど、新業態を短い間に次々誕生させた。中国産業情報ネットのデータをみると、中国コーヒー市場は規模も基数も小さいことから、市場規模拡大率が毎年25%以上を保ち、世界の平均水準の10倍に達することがわかる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。