北朝鮮が韓国大統領府を厳しく批判、南北会談開催はさらに困難に=「本性を現した」「北朝鮮はやっぱり予測不可能」―韓国ネット

2018年5月18日 13時10分

17日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国政府は北朝鮮が米韓合同訓練などを理由に南北閣僚級会談を無期限延期したことに対し、遺憾を表明し早急な開催を促した。しかし北朝鮮は会談開催を再度拒否した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年5月17日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国政府は北朝鮮が米韓合同訓練などを理由に南北閣僚級会談を無期限延期したことに対し、遺憾を表明し早急な開催を促した。しかし北朝鮮は会談開催を再度拒否した。

北朝鮮は韓国大統領府を名指しした上で「破廉恥」と激しい口調で攻撃した。そのため、南北関係は当分の間、問題を抱えた状態が続くと予想されている。

北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長は17日、北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」のインタビューで、「南北閣僚級会談を中止させた重大な事態が解決されない限り、韓国の現政権と再び向き合って座ることは容易でない」と語った。

また、「歴史的な板門店(パンムンジョム)宣言のどの条項、どの文言に、相手を狙った侵略戦争演習を最大規模に広げ、ごみのような人間を全面に押し出して誹謗中傷の度合いをさらに高めることにした内容があるか」とし、「マックスサンダー」訓練と、テ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使の記者会見(「(核廃棄という)奇跡は起こらないだろう」と発言)を批判した。

さらに、韓国政府に対しても「完全な核廃棄が実現されるまで最大の圧力と制裁を加えなければならないとする米国と同類になった」とし、「このすべての行動が韓国大統領府や統一部、国家情報院、国防部などの韓国当局の直接関与と黙認の下、捏造(ねつぞう)され実行されたのではないか」と述べ、厳しく非難した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは約2万件のコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「訓練は言い訳で、実質的には在韓米軍の退去要求だろう」「会談中止が目的じゃなくて、交渉を有利に進めるための戦術」など北朝鮮の言動を「政治的駆け引き」とする意見の他、「交渉カードとして開城(ケソン)工業団地を提示しなければならない」と韓国政府へ対応を求めるコメントが並んだ。

また、「この時期に米韓合同軍事訓練は行うべきではなかった」と訓練実施に対し否定的な意見も。

その他「これが北朝鮮だ」「本性を現したな」「仲良くなったと思ったらすぐに機嫌を損ねる」「北朝鮮は一貫して予測可能」「韓国は米朝会談の捨て石って感じだな」など「北朝鮮の扱いにくさ」に言及するコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。