中国民間企業が自主開発、汎用機「GA20」がラインオフ―中国メディア

2018年5月23日 20時40分

冠一通用飛機公司が自主開発した単発・4座固定翼プロペラ汎用機「GA20」1号機が21日、江西省南昌市で順調にラインオフし、テスト滑走を無事完了させた。(Record China)

[拡大写真]

冠一通用飛機公司が自主開発した単発・4座固定翼プロペラ汎用機「GA20」1号機が21日、江西省南昌市で順調にラインオフし、テスト滑走を無事完了させた。新華社が伝えた。

【その他の写真】

同社GA20チーフエンジニアのJean-Paul VAUNOIS氏によると、同機は「lycomingo320」エンジン、「Garmin」アビオニクス、最軽量のフル炭素繊維プロペラを採用する。最大航続距離は1200キロ、最高速度は時速360キロ、上昇率は3.4メートル毎秒。高度2600メートルを出力75%で飛行する場合のガソリン消費量は32リットル毎時。その燃費性能は世界のライバル機種の中で上位を占める。

GA20はさらに航空機の「カスタマイズ化」コンセプトを採用。各種動力と設備、各種内装を選択でき、ユーザーのさまざまな需要を満たす。そのため飛行練習や航空旅行、飛行体験、個人飛行など、幅広い用途で利用することができる。

汎用航空産業は近年、国の戦略的新興産業として、政策と市場という両輪駆動を受けている。中国民用航空局の第13次五カ年計画によると、中国汎用空港の数は2020年までに500カ所以上に、汎用航空機数は5000機以上に、年間飛行量は200万時間を目指す。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。