心の準備があっても・・・中国人が日本に行って衝撃を禁じ得ないこととは? =中国メディア

2018年5月25日 22時12分

中国人の多くは、日本の男性に対して「表面では礼儀正しく保守的だが、裏ではみんなスケベ」というイメージを持っているという。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 中国メディア・騰訊網は18日、「日本のおじさんは、どうして『スケベ』なのか」とする評論記事を掲載した。

 記事は、「先日、アイドルグループの元メンバーが17歳の女子高校生を自宅に呼び出しキスを強要したというスキャンダルが日本じゅうを震撼させた。ただ、正直なところ、驚いた中国人は多くないかもしれない。なぜなら、日本の男性に対して『表面では礼儀正しく保守的だが、裏ではみんなスケベ』というイメージを持っているからだ」とした。

 また、「心の準備があったとしても、実際に日本にやって来ると、その『性』に対するオープンぶりには衝撃を覚える。コンビニでは成人向けの図書が購入できるし、大都市の繁華街は、露出度の高い少女たちであふれている。これには感嘆することしきりだ」と紹介している。

 そのうえで、「日本の男性はどうしてこれほどスケベなのか。その根本的な原因はおそらく、日本社会が女性を『モノ』として見ているということにあるのではないか。簡単に言えば、女性を物品、商品とみなしている部分がある。日本ではこの傾向が顕著で、女性が単純に男性たちの『性』の消費対象になることが多いのである」と論じた。

 そして、日本社会が女性を「モノ」として扱っている典型的な例として、2次元のアニメ文化、そして3次元の成人動画文化を挙げている。「アニメの美少女たちは一部の人たちにとっての嗜好に過ぎないかもしれない。しかし、日本の成人動画やグラビアの文化は、より多くの人びとがこういったものに興味を持っていることを浮き彫りにするものだ」とした。

 記事は、「このようなポルノ文化が日本社会の隅々にまで浸透しており、これも逆に日本社会の女性に対する態度に静かな影響を与えているのだ。そして、『モノ』化された女性は日本社会に顕著な悪影響を及ぼしている。例えば、2次元の世界に夢中になって3次元の女性に興味を持たなくなる、『JKビジネス』と言われるように、女子高生を商品として取引する行為の横行などだ」と解説している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
こんなの日本でしか見られない・・・日本でスゴいなと感じたこと=中国メディア 
中国で売られている日本車のある装備を見て「すごいな」と感じた=中国メディア
桜が織りなす日本の「ピンク色の川」を見た中国ネット民「見て! ウチの川なんて抹茶色だよ!」
中国人が日本のエアコンを見て驚いた! 「どうしてこんなに・・・」=中国メディア
コンパクトなのに驚くほど豊かな観光資源・・・中国人が日本に行きたがる理由=中国メディア

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。