わが国のラーメンとは異なる進化を遂げた「日本のラーメン」はなぜ外国人から絶賛されるのか=中国

2018年6月7日 08時12分

中国でラーメンと言えば「麺が少なくてスープばかりで、牛肉はほとんど見えないほど少ない」といわれるが、日本のラーメンはトッピングが豪華だ。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)

 日本人の国民食と呼べるほど、身近な存在の「ラーメン」。日本中にあるラーメン店は非常に多く、専門店だけでも3万2000軒もあるという。店ごとに麺やスープにこだわりがあり、休みの日にラーメンの食べ歩きをする人や、ラーメンを楽しみに訪日する外国人旅行者も多い。中国に起源を持つ料理とは言え、今では中国のラーメンとは全く別の料理になっていると言って良いだろう。

 中国メディアの快資訊は5日、中国のラーメンとは全く異なる形で進化した「日本のラーメン」に関する記事を掲載した。なぜ外国人から絶賛されているのか、中国のラーメンとの違いから分析している。

 記事はまず、中国の一般的なラーメンに言及。中国でラーメンと言えば「麺が少なくてスープばかりで、牛肉はほとんど見えないほど少ない」と苦情が聞かれる料理と紹介した。これは、生地を引っ張って伸ばして作る麺が特徴の「蘭州拉麺」のことを指しているのだろう。蘭州にはイスラム教徒が多く、牛肉を使うので「牛肉麺」とも呼ばれる。牛骨や牛肉を長時間煮込んで作ったスープに牛肉の煮込み数切れが乗っているのが一般的だが、スープばかりで満足感がいまひとつと言われているようだ。また、中国各地に蘭州拉麺の専門店があるものの、朝ご飯としても食されているのは地元・蘭州ならではと思われる。

 では、日本のラーメンの特徴は何だろうか。記事は「食べた人みんなが好きになってしまう」ほど、日本のラーメンが満足感を与えてくれるのは、麺もスープも少ないが、トッピングが豪華だからだと紹介した。「大きな肉が乗っていて、半分の煮卵と海苔が乗っている」と興奮気味に伝えた。見ているだけで食欲がわいてくる見た目に加え、スープも新鮮味があり非常においしく、麺にもこしがあると称賛した。

 記事はさらに、日本のラーメン店の良さについて、店主が親切に水を出してくれ、店内には騒ぐ人がいないことも指摘し、「日本の民度が高いのは本当だった」と感想を述べた。日本のラーメンは、中国人の心もすっかりつかんでいるようだ。もっとも、中国のラーメンにも違った魅力がある。牛骨で取ったスープは、見た目は脂っこいのに胃がもたれず、蘭州では朝から食されているのも納得だ。日中のラーメン共に違った魅力があると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本在住のガイドがあまりに日本を称賛するから・・・中国人客「もう帰る!」=中国メディア
感心しないわけにはいかない! 日本を訪れると「見識が広がる」=中国メディア
驚き以外の何者でもない! 中国の若者がもっとも欲しいもの、日本人は欲しがらないなんて=中国
日本の「そうりゅう型潜水艦」を見ろ、まさに匠の精神を体現=中国メディア
日本と中国の市場は違いすぎる! 何が違うかと言えば「衛生面」だ=中国メディア

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。