世界で生体環境が最も危険な都市はソウル、東京・横浜もトップ10内―露メディア

2018年6月10日 12時40分

9日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、世界で生体環境が最も危険な都市のランキングがこのほど発表されたと報じた。写真はソウル。(Record China)

[拡大写真]

2018年6月9日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、世界で生体環境が最も危険な都市のランキングがこのほど発表されたと報じた。

世界各都市の二酸化炭素排出量を調査したプロジェクト(GGMCF)が発表したリストによると、環境汚染が最も深刻な都市はソウルで、二酸化炭素の年間排出量は267.1メガトンに達した。以下、広州(262メガトン)、ニューヨーク(233.5メガトン)、香港(208.5メガトン)、ロサンゼルス(196.4メガトン)と続いた。

6?10位は、上海(181メガトン)、シンガポール(161.1メガトン)、シカゴ(152.9メガトン)、東京・横浜(132.8メガトン)、リヤド(118.8メガトン)の順だった。(翻訳・編集/柳川)