韓国女優、慰安婦役演じてうつ病に―台湾メディア

2018年6月15日 08時00分

10日、新浪娯楽は台湾・ETtodayの記事を引用し、韓国で「国民の母」と呼ばれる大女優が、過去に慰安婦役を演じたことでうつ病を患っていたと報じた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2018年6月10日、新浪娯楽は台湾・ETtodayの記事を引用し、韓国で「国民の母」と呼ばれる大女優が、過去に慰安婦役を演じたことでうつ病を患っていたと報じた。

韓国の慰安婦をテーマにした映画「Her story」の試写会が先日、ソウルで行われた。同作で元慰安婦役を演じた女優の金海淑キム・ヘスク)さんは、完成後もずっと恐怖で同作品を見ることができなかったと明かし、最終的に勇気を振り絞って観た後には、「やっとできた」という思いと、自分の力不足を意識し、複雑な感情になったという。

また、金さんは女優生活44年間でどんなに悲しい役を演じても、役から抜け出せなくなることはなかったというが、今作の慰安婦役では撮影中ずっと「自分はどこか病気なのでは」という感覚があり、日に日に無力感が増していったという。そして、ある日、極度に撮影現場に行きたくないという感情が襲い、撮影終了後に病院へ行くと、うつ病と診断されたという。

記事によると、金さんは通常、一つの作品を撮り終え、少し休んだ後に別の作品に出演していたというが、今回は2カ月余りあちこちを旅行して、ようやく気持ちを切り替えることができたという。(翻訳・編集/北田)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。