<W杯>韓国のメキシコ戦でのラフプレーの多さに中国ネットもあきれ気味=「あの動きは練習しているに違いない」「次のドイツが心配」

2018年6月24日 18時10分

24日、新浪体育は、サッカーW杯ロシア大会F組で、韓国がメキシコと対戦した際、韓国のファウルが非常に多かったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は韓国対メキシコの試合。(Record China)

[拡大写真]

2018年6月24日、新浪体育は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会F組で、韓国がメキシコと対戦した際、韓国のファウルが非常に多かったと伝えた。

韓国はメキシコに1?2で敗れたが、ファウルの数ではメキシコを圧倒。実に24ファウルとなり、そのうちイエローカードが4枚となった。一方の勝利したメキシコは7ファウルで、韓国の3分の1にも満たない。記事は、「韓国はメキシコに負けたが、彼らの凶暴なプレーは印象に残った」と指摘。実際、メキシコ戦のみならず、初戦のスウェーデン戦でも22回のファウルを数えている。

これに対し、中国のネットユーザーから「これは確かに汚いプレーだ」「あの速さと動きは間違いなく練習している」「彼らは02年の日韓共同開催時の韓国代表の伝統をよく継承していますね」「メキシコの監督は、『この試合に勝っただけでなく、生きて帰ることができた』と言っているだろう」などのコメントが寄せられ、多くの中国ネットユーザーも韓国のラフプレーにはあきれているようだ。

また、「02年の時と比べたら全然汚くないよ」という意見もあったが、「審判の判定はそれでも甘かった。そうでなければイエローカード4枚では済まなかっただろう」「次に韓国と戦うドイツチームのことが心配だ」などのコメントもあり、多くのネットユーザーが韓国のラフプレーを非難していた。(翻訳・編集/山中)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。