中国の1万人あたりの発明特許保有件数、上半期は10.6件に―中国メディア

2018年7月14日 14時20分

中国の主要知財指標は上半期に高い成長率を示し、良好な発展の流れを呈した。うち発明特許出願件数は75万1000件、取得件数は21万7000件に達した。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

10日の中国国家知識産権局(知財局)2018年第3四半期定例記者会見で発表された情報によると、中国の主要知財指標は上半期に高い成長率を示し、良好な発展の流れを呈した。うち発明特許出願件数は75万1000件、取得件数は21万7000件に達した。商標登録出願件数は358万6000件、新規地理的表示(GI)保護申請件数は10件。中国の1万人あたりの発明特許保有件数は6月末現在、10.6件に達している。人民日報が伝えた。

これは国家知識産権局の再編後、初めて社会に向け、集中的に発表された特許・商標・地理的表示関連の統計データとなる。

国家知識産権局は上半期、特許協力条約(PCT)の国際出願制度に基づく特許出願を2万3000件受け付け、前年同期比で6.3%増となった。うち国内からは7.6%増の2万1600件。

中国の上半期の商標登録出願件数は358万6000件。306万5000件の商標審査を終え、商標登録審査期間が8カ月から7カ月前後まで短縮された。中国の新規地理的表示保護申請件数は10件で、新たに46件の保護が認められた。新規地理的表示製品使用専用マーク企業は135社。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。