愛くるしい「特殊部隊」、検疫探知犬が匂いでチェック―中国

2018年8月11日 01時40分

杭州蕭山国際空港の到着ロビーには、ある「特殊チーム」がいる。彼らは空港税関の検疫探知犬だ。(Record China)

[拡大写真]

杭州蕭山国際空港の到着ロビーには、ある「特殊チーム」がいる。彼らは空港税関の検疫探知犬だ。浙江在線が伝えた。

【その他の写真】

同空港の税関には現在、検疫探知犬が6頭いる。品種はラブラドール、ビーグル、スプリンガーの3種。愛くるしい見た目のワンちゃんに見えるが、働く姿は真剣そのものだ。異臭を嗅ぎとると座って警戒を促し、税関職員がその荷物の検査を行う。規定によると、生もしくは加熱済みの水産品及び肉製品、生の果物・野菜、種・苗、粉ミルク以外の乳製品は国内に持ち込むことは禁じられている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。