高速鉄道との競争で国内航空路線の収益が低下―中国

2018年8月17日 14時50分

中国の航空市場はこの数年、世界で最も成長が著しい航空市場の一つであり、世界の航空成長源の25%を中国が占めている。しかし高速鉄道との競争によって空路の収益のレベルは大幅に低下している。写真は上海虹橋国際空港。(Record China)

[拡大写真]

民用航空データ分析機関CADASは北京で15日、「2018年CADAS航空市場すう勢報告」を発表した。報告によると、中国の航空市場はこの数年、世界で最も成長が著しい航空市場の一つであり、世界の航空成長源の25%を中国が占めている。しかし高速鉄道との競争によって収益が低下傾向にあり、航空会社が高速鉄道開通に先立ち、すでに輸送力を抑制する方向に調整したにもかかわらず、空路の収益のレベルは依然大幅に低下を示している。人民網が伝えた。

■国際線の成長をめぐる分析

2007年から2013年までの7年間に、中国は計24路線の国際線路線を新規就航させており、2018年の現時点で、国内の航空会社は計78路線の国際線路線を就航している。国内航空各社が国際線路線を積極的に就航させる原因の一つとしては、中国経済の発展によってもたらされている海外への需要のほか、各地方政府がここ数年、航空業に対する補助金を増加する政策を講じてきたことが挙げられる。地方政府による新規路線就航の需要が高まると同時に、ワイドボディー機を積極的に導入する中国の航空会社が増加の一途を辿っている。

■格安航空会社は中距離・長距離路線への進出に意欲的

LCC(格安航空会社)は、旅客輸送量および輸送力の面で増加傾向を維持しており、中距離・長距離路線への進出に意欲的だ。路線別運航数でみると、アジア・太平洋、欧州、北米エリアが、LCCにとっての世界三大航空市場となっている。ワイドボディー機の注文・購入数については、LCCが現在運航している機体の88%をワイドボディー機が占めており、世界平均レベルを大きく上回っている。大西洋路線市場におけるLCCの成長もフルサービス航空会社(FSC)を上回っており、今後の成長の可能性も計り知れない。

■数年前から盛んな共同経営モデル

FSCは現在、ハブ空港の建設を非常に重視し、空港への投資を強化している。共同経営モデルが数年前から盛んになってきており、中国三大航空会社(国際航空・東方航空・南方航空)はいずれもこの分野における模索・検討を進めている。共同経営モデルは、営業収入のシェアとコストの分担を体現するものであり、このような掘り下げた協力関係を通じて、航空会社は、航空市場のシェアをさらに拡大することが可能となる。

■航空分野での新たな技術・応用面

航空分野での新たな技術・応用面については、2017年、安全検査における顔認証技術が飛躍的に発展し、係員の肉眼による識別に比べ、安全検査の顔認証システムによる精確率は98%に達し、検査効率は1時間あたり266人を上回った。

■機内WiFiサービス

顔認証技術の他にも、機内WiFiサービスは発展スピードが最も速い新技術の一つ。現時点で、機内WiFiサービスを提供している世界の航空会社は82社に上り、この数は2017年比17%増加した。今のところ、国内の最先端を占める航空会社各社はいずれも機内インターネット接続サービスを非常に重視しており、世界長距離路線の機内WiFiサービス導入ランキングで、東方航空と国際航空はトップ20入りを果たしている。

■物流

物流についてみると、中国はいまや米国を凌ぎ、世界最大の物流市場となっている。また、ドローンの利用は、物流市場の発展にとって極めて重要であり、少量・高頻度がドローンを利用する物流配送の特徴となっている。他の配送方式に比べ、ドローンの利用により、効率とコスト効果が高まるのは確実であり、また、配送効率がアップすると同時に、ユーザーエクスペリエンスも高めることができる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。