0

米中間選挙、中国、イラン、北朝鮮からの干渉を防止する=ボルトン安全保障担当

2018年8月20日 17時46分

ジョン・ボルトン安全保障担当大統領補佐官(Scott Olson/Getty Images)

[拡大写真]

米国政府は今年11月に行われる中期選挙にあたり、干渉が予想される中国、イラン、北朝鮮からの影響を防止する措置を取るという。ジョン・ボルトン安全保障担当大統領補佐官が19日放送のテレビ番組で語った。



ボルトン氏は3カ国からの干渉について「2018年の選挙にあたり、最も懸念すべき国々だ」「十分な国家安全保障上の懸念があると確信している」と米ABCのインタビューで述べた。



トランプ大統領は、ロシアによる選挙介入は多く報じられているが、米国に対する真の脅威はロシアではなく中国であることを示唆した。



「ロシアばかり見ている愚か者たちは、もっと別の方向を見るようにすべきだ。つまり中国だ」とトランプ大統領は18日(現地時間)、Twitterで書いている。さらに「しかし、われわれが賢く、強く、備えがあれば、皆とうまくやれるだろう!」と述べた。



8月2日、ボルトン氏は米国における選挙を包括的に保護するための努力について発表した。「多くのことは話すことができないものだが、(保護のために)さまざまな選挙の過程を保護するため、守備と攻撃のサイバー活動が含まれる」とした。



8月初め、マイク・ペンス副大統領は米国の宇宙軍事資産に対する潜在的な脅威はロシア、中国、イラン、北朝鮮であると4カ国を名指しした。



(編集・佐渡道世

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「米中間選挙、中国、イラン、北朝鮮からの干渉を防止する=ボルトン安全保障担当」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!