中国の音楽フェスで日中の若者がごみゼロ活動―中国メディア

2018年9月12日 22時40分

日本環境教育ボランティアの秋吉楓さんが河北省の懐来天漠で開催された野外音楽フェスにおいて、中国と日本のNGOとNPOの若者を組織し、展開した「ごみゼロ活動」の状況を紹介する。(Record China)

[拡大写真]

長年にわたり、中国ではごく普通の、愛らしい日本の若者たちが常に活躍してきた。彼らは自身の知識と熱意を中国の地に捧げてきた。中には社会人になったばかりの若者もおり、中国語もほとんど話せないものの、努力と楽観的な姿勢で、異国の地で人としての価値を実現させようとしている。日本国際協力機構(JICA)が中国に派遣するボランティア、それがこうした若者たちだ。ボランティアたちは通常、1-2年間中国に滞在し、そのほとんどが条件的にも厳しい遠隔地や貧困地域へと派遣され、そこで教育や医療といった業務に従事し、現地の人々と一緒に生活する。人民網日本語版では「中国の日本人ボランティア」コンテンツにおいて、こうした日本人ボランティアたちが中国で経験したエピソードや思いを紹介する。

【その他の写真】

今回は日本環境教育ボランティアの秋吉楓さんが河北省の懐来天漠で開催された野外音楽フェスにおいて、中国と日本のNGOとNPOの若者を組織し、展開した「ごみゼロ活動」の状況を紹介する。日中両国のボランティアたちは今回の音楽フェスを通じて、ごみの分別をPRし、ボランティア同士の信頼関係を築いていった。秋吉さんは今後は自身の配属先である「自然の友」が独立して今回のような活動を展開し、さらに活動のレベルを向上させていければと願っている。

5月18-20日、北京から北に90km離れた河北省懐来天漠で開催された野外音楽フェスで日中のNGO・NPOの若者が手を携えてごみゼロ活動を行いました。同フェスは4万6000人の観客を誇るイベントです。

昨年、NPO i Pledgeが環境保護を手掛け、世界で最もクリーンなフェスと呼ばれている日本の「フジロックフェスティバル」に配属先の同僚2名と環境保護ボランティアとして参加しました。今回、このようなご縁もあってこの日本のNPO iPledgeとコラボが実現しました。

配属先にはこの活動を成功させることのほかに、ボランティアコーディネートを学ぶという目的がありました。フジロックに参加した際、iPledgeのコアスタッフ(ボランティアの中心となって活動するメンバー)が、ボランティアに対して明るく、献身的に接してくれたことで、わたしたちボランティアは最後まで気持ちよく活動することができました。これまで職員2人がコアスタッフも兼任してきた配属先にとって、コアスタッフの育成は今後の発展に不可欠な要素です。 そこで、フェス前にはiPledgeと一緒に中国人コアスタッフの事前研修を実施、フェス当日は7人のiPledgeのコアスタッフと通訳の計22人で、56人の中国人ボランティアに活動のレクチャーを行いました。ゲームなどを取り入れてお互いの距離が縮まる工夫をするほか、ボランティアの水分補給や体調確認などを意識的に行い、全員が平等に気持ちよく活動できるよう心掛けました。

当日のボランティアの活動内容は、会場内7カ所の分別ステーションで観客へごみ分別を呼びかけることです。初日は私たちの活動が理解できず、多くの観客が会場の分別不要のごみ箱にごみを捨てていました。すると、ボランティアたちが廃材の段ボールやメガホンを使用して活動の宣伝をしようと提案をしてくれ、次第に観客だけでなくフェスのスタッフも分別を手伝ってくれるようになり、最終日には、ごみだらけだったフードコートのテーブルはごみひとつない状況になりました。悪天候で長時間の活動だったにもかかわらず、ボランティアが積極的に動いてくれたのは、トップダウンの関係でなく、お互いに信頼できていたからだと思います。

次の目標は、配属先が自立して同様の活動を行うことです。そのためには、コアスタッフが更に活躍できるように場数を踏むこと、中国に適した方法を開拓していくことが必要だと思っています。環境保護活動のレベルの高い配属先で私自身には伝えられるような技術や知識はなかなかありませんが、今後も、日本と配属先、中国を繋ぐ架け橋となることで配属先の更なるパワーアップに貢献していきたいと思います。

青年海外協力隊員 NGO「自然の友」 環境教育 秋吉楓(提供/人民網日本語版)