中国の習近平国家主席が安倍首相と会談、台風・地震被害に見舞いの意―中国メディア

2018年9月13日 13時10分

中国の習近平国家主席は12日、安倍晋三首相とウラジオストクで会談した。(Record China)

[拡大写真]

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は12日、安倍晋三首相とウラジオストクで会談した。新華社が伝えた。

習主席は冒頭、西日本の台風と北海道の地震で多数の死傷者と大きな物的被害が出たことに見舞いの意を表明した。

習主席は「現在国際情勢には深刻で複雑な変化が生じ、不安定化要因と不確定要因が増えている。世界の主要エコノミー及び地域の重要国である日中は共同で責任を担い、世界と地域の平和・安定維持及び発展・繁栄のために建設的役割を果すべきだ。今年は日中平和友好条約締結40周年だ。最近、安倍首相と日本政府は対中関係について前向きな姿勢を繰り返し示している。互いの努力で日中関係は正常な軌道に乗り、改善と発展の重要なチャンスを迎えている。新たな情勢の下、われわれは引き続き向き合って進み、改善・好転基調を保ち、安定の中で進展し、新たな一層の発展を得るよう日中関係を推進する必要がある」と指摘。

「日中双方は終始日中間の4つの基本文書を遵守し、これに従い、政治的な基礎を強固にし、正しい方向を把握し、意見の相違を建設的にコントロールする必要がある。特に日本側は歴史、台湾など敏感な問題を適切に扱い、良好な雰囲気を積極的に醸成し、共通利益を拡大し続ける必要がある。われわれは日本が引き続き中国の改革開放プロセスに積極的に参加し、共同発展・繁栄を実現することを歓迎する。『一帯一路』構想は日中が互恵協力を深めるための新たなプラットフォームとテストケースを提供した。中国側は日本側と共に新たな情勢に着眼して、両国の実務協力に新たな道を切り開き、新たな目玉をつくりたい。双方は断固として多国間主義を守り、自由貿易体制と世界貿易機関(WTO)のルールを維持し、開放型世界経済の構築を後押しする必要がある。双方は民間の友好伝統を発揚し、これに新たな時代的内容を与え、両国関係を支える社会と民意の土台を突き固める必要がある」と強調した。

安倍首相は日本の台風・地震災害への習主席の見舞いの言葉に感謝し、「日本は長年、中国の改革開放プロセスへの参加に尽力してきた。中国の発展は日本に積極的で重要な影響をもたらしもした。現在日中関係は正常な軌道に戻り、双方の協力空間は一層拡大した。日本は中国とより緊密な関係を築き、共同発展・繁栄を実現することを望んでいる。日本側は積極的に努力し、中国側と上層部交流を強化し、より多くの協力の成果を目指し、日中関係の改善発展を加速したい。このために両国の民間友好の増進に努力し、敏感な問題を適切に扱いたい。歴史と台湾の問題において、日本側は両国の基本文書で確認した立場を堅持する。この点にいかなる変更もない。日本側は国際・地域問題における中国の重要な役割を重視している。地域の平和・安定に関わる重大な問題で中国側と意思疎通や調整を強化したい」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)