中国がボーイング機7690機を新規購入、世界トップの航空機市場に―米メディア

2018年9月19日 00時40分

世界最大の航空機メーカーである米ボーイング社の予測によると、中国は日を追って高まり続けるレジャー・ビジネス市場のニーズに対応するため、今後20年間に航空機7690機を新たに購入する見通しという。写真はウルムチの空港。(Record China)

[拡大写真]

世界最大の航空機メーカーである米ボーイング社の予測によると、中国は日を追って高まり続けるレジャー・ビジネス市場のニーズに対応するため、今後20年間に航空機7690機を新たに購入する見通しという。米紙USAトゥデイ(電子版)の報道を引用して中国日報が伝えた。

中国における航空機需要に対するボーイング社の最新の推算は、2017年時点での推定データを6.2ポイント上回っており、同社が制定する「2018年中国市場の展望」に組み入れられた。

ボーイング社マーケティング担当副社長のランディ・ティンゼス(Randy Tinseth)氏は、「中産階級の数が増え続けるにつれて、中国市場のニーズが高まっている。過去10年間で、中国における中産階級の数は倍増し、今後10年でさらに倍増するだろう」と述べた。

また、ボーイング社の予測によると、中国が新たに購入するとみられる航空機7690機のうち、6000機以上は中・短距離用のナローボディー機で、残り約1620機はワイドボディージェットとなる見込み。予測が現実のものとなれば、中国航空業が保有するワイドボディージェットの数量は現在の3倍に増えることになる。

新たに購入する7690機の総額は1兆ドル(約112兆円)を上回るとみられる。ボーイング社プレス担当のトッド・ケリー(Todd Kelley)氏は、「中国は今や、世界第2の航空機市場となった。今後10年以内に世界トップとなるだろう」との見方を示した。

中国は、エアバスとボーイング、世界2大航空機メーカーがシェア争奪にしのぎを削る重要な市場となっており、中国新型ビジネス旅客機市場において優勢を勝ち取るべく、両社とも躍起になっている。

だが、ボーイングにとって、問題は依然から存在している。ブルームバーグは、「中国市場でボーイングはエアバスをずっとリードしてきたが、その差は微々たるものだ。中国政府がビジネスジェットに関し米国に対する報復関税措置を発動すれば、現在の優位性が危うくなる可能性が高い」と指摘している。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。