0

お寺でヨガや映画を楽しもう!「寺子屋ブッタ」がオープン

2013年2月16日 08時00分
 お寺に行く用事といえば、お盆のお墓参りや、親戚一堂が集まる法事くらい…というイメージを抱く人は少なくないはずだ。しかし最近は、お寺で「ヨガ」や「映画上映会」などを行い、若者たちが好んで集まりつつあるのだという。仏教に触れ、お寺のマイナスイオンに癒されたい…という人は、お寺の“粋なイベント”を集めたサイト「寺子屋ブッダ」を見てみるといいだろう。

精巧すぎる仏像フィギュア!東寺の国宝をミニチュアで再現

 お寺はもともと供養の場であるだけではなく、「学びの場」「気づきの場」「癒しの場」であり、寺子屋として地域コミュニティーの中心にあり、地域になくてはならない存在だった。しかし、近年ではそうした機能は薄れつつあり、年に一度の落語会が唯一の地域イベント…なんていうお寺も多い。そんななか、30代から40代の若手僧侶たちが、「お寺はもっと開かれた場所になるべき」と、新たな活動を企画し始めた。
 
 たとえば、千葉県勝浦市にある妙海寺では、ヨガや映画上映会、音楽イベント、地域の未来を考える会、地域物産市など、地域密着型のイベントを活発に企画している。地域に賑わいが生まれ、境内を使うイベントになれば、露店を出す地元飲食店も喜ぶ。こうした取り組みは地域に歓迎されるだけでなく、都内からも興味を持った若者たちが妙海寺に通いはじめたという。
 
 こんな粋なイベント集め、お寺ファンに最新情報を提供するのが「寺子屋ブッダ」だ。ここでは、ヨガや瞑想などの“ココロとカラダを鍛えるイベント”や、音楽ライブ、仏教講座などの情報が集積されている。また同サイトを運営する株式会社百人組は、お寺向けイベントのノウハウ提供、お寺の空間を活用したい団体とのマッチングなども行い、お寺の盛り上げをサポートする。
 
 寺社・仏閣好きや仏像好きな人だけでなく、お寺のあたたかさを感じたい人、元気になりたい人は、イカしたお寺にでかけてみよう!

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「お寺でヨガや映画を楽しもう!「寺子屋ブッタ」がオープン」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!