0

高畑淳子&裕太、親子ケンカするも「今では一番の友達」 共通の“芝居”がきっかけに

2016年2月15日 11時00分
 大河ドラマ『真田丸』(NHK)や『ナオミとカナコ』(フジテレビ)に出演中の女優・高畑淳子が、息子で俳優の高畑裕太とともに、14日放送のバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ)に出演。この日は実娘である高畑こと美からのコメント映像も到着し、高畑家族の仲睦まじい様子を語った。

【関連】「高畑淳子」フォトギャラリー

 番組冒頭、「昨日より、絶賛親子喧嘩中です」と語っていた高畑裕太。普段の生活は「芝居の時は同業という感じですけど、(芝居を)やってない時はもう殺し合いみたいな感じでしたから」と冗談を交えながらも「芝居を始めたことで共通の話題ができたし、今では一番の友達みたいな感じ」と、良好な家族関係を語る。

 しかし一方で、高畑裕太は母親にテレビで言ってほしくなかった話として「中学校の頃、よくエロ本を河川敷なんかから拾ってきていたんだけど、それを見つけてはテレビで喋るんですよ」というエピソードを明かすと、高畑淳子は「近所のお魚屋さんの大将に『いい加減にしなさいよ。それは言っちゃダメだ』って怒られました。その時『ああ、そうか』って思いましたね」と反省している様子を語っていた。

 また、娘・高畑こと美からのコメント映像では、高畑淳子の普段のそそっかしい性格を直して欲しいというコメントとともに、かつて「キスシーンがある台本は全部受け付けていた」というエピソードが語られると、高畑淳子は少し照れながら「そういうこともありましたね」とコメント。番組MCの上田晋也が「なんでしたかったの?」と突っ込むと「まあ、してなかったからですかね」と返し、笑いを誘っていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「高畑淳子&裕太、親子ケンカするも「今では一番の友達」 共通の“芝居”がきっかけに」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!