4

木村拓哉主演『無限の住人』、原作者も絶賛「これ以上のものがない」

2017年2月15日 16時45分
 映画『無限の住人』完成報告記者会見が15日、都内で行われ、主演を務めた木村拓哉をはじめ、杉咲花福士蒼汰市原隼人戸田恵梨香、そして三池崇史監督が出席した。木村は始めての三池組参加に「三池監督をはじめスタッフの方のやる気や情熱に触れ、どこまで監督の発案に近づけるかに挑戦するのが楽しかったし、とても感動した現場でした」と撮影を振り返った。

【関連】映画『無限の住人』完成報告記者会見<フォトギャラリー>

 本作は、累計750万部を誇る沙村広明の人気コミックを、映画『十三人の刺客』の三池監督で実写映画化。不死の命を得てしまった万次(木村拓哉)が、あるきっかけで出会った少女・凛(杉咲花)の用心棒を務めることにより、もがきながらも自らの生きる目的を探し出す姿を描いたアクションエンターテインメント作品。

 妥協することなく、とにかくものづくりを追求する三池組はハードなことで有名だが、木村は「しゃべる言語は日本語で時代劇、撮影は京都と『THEジャパニーズ』なのですが、みなさんのモチベーションの高さは、まるで海外の現場に参加しているような錯覚に陥りました」と三池組に心酔した模様だ。

 さらに木村は「どれだけ過酷かというと、三池監督は現場で足を折られたのに、ローリング・ストーンズのシールをいっぱい貼った松葉杖で現場にずっといらっしゃるんです。どんなことがあっても前に進むモチベーションはすごい」と脱帽していた。

 また木村との撮影がメインだった杉咲は「私が演じた凛は感情豊かな女の子。ちゃんと集中して現場に臨まないとと思っていましたが、カメラが回っていないシーンでも常に木村さんが側で万次を演じてくれたんです。すごくありがたかったです」と感謝。市原も「常に自分のことよりも相手のことを考えてくれる方」と木村を絶賛すると「こんな座長は初めてです。自分の時間を削ってまで相手のことを考える男。こういう男になりたいと思いました」と熱い思いを伝えた。

 原作者の沙村から、作品に関して「これ以上のものがないと言い切れる映画」というコメントが寄せられると、三池監督は「ホッとしています。映画がヒットしても原作者が不満をもってしまったらダメ。自分の仕事としてはまずはそこ」と持論を展開。

 さらに「沙村さんが19年間に渡って描かれた作品に木村拓哉という俳優が出会った。そこに巻き込まれたのが我々。最初に(映画化の)話をもらったときから、万次は木村拓哉以外ありえないという直感がありました」とキャスティング理由を語っていた。

 映画『無限の住人』は4月29日より全国公開。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「木村拓哉主演『無限の住人』、原作者も絶賛「これ以上のものがない」」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    本当に待ちどうしいです。 無限の住人 ピアチケ 購入済みです!

    5
  • ノラ猫さん 通報

    これを聞くだけで、なんかぞくぞくしてきた!

    4
  • 匿名さん 通報

    キムタクもキャストも豪華でみたい気がするけど、三池監督作品で今まで面白かったのが無かったからみた人の感想を聞いてから行こうと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    今までの功績、貢献をバッシングで返された…かなり理不尽だと思います。今後も、映画、CM、現在放送されているドラマ、応援してます。頑張ってください!!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!