0

志尊淳のモテエピソードが凄い!バレンタインチョコの最大は…<覆面系ノイズ>

2017年11月14日 23時05分 (2017年11月16日 05時54分 更新)

志尊淳(C)モデルプレス

[拡大写真]

志尊淳/モデルプレス=11月14日】俳優の志尊淳が14日、中条あやみ小関裕太とともに和洋九段女子中学校高等学校にサプライズ登場し、映画『覆面系ノイズ』(11月25日公開)特別ホームルームを約500人の前で実施した。

バレンタインチョコは最大「40個」

この日は生徒たちからの質問&悩み相談コーナーを実施。「学生のとき、バレンタインチョコは多くて何個もらったのか」と聞かれた志尊は、ためらいつつも「友チョコ含めて40個です」と告白。予想以上のモテっぷりに小関が「多いですね」と驚く中、志尊は「全部友チョコだけどね」とニヤリ。会場から「ください」と叫ばれると、志尊は「バレンタインデーに来てくれれば」とニコリと笑い、胸キュンさせた。

中条あやみ志尊淳は「頼れるお兄さん」

そんなモテエピソードを披露した志尊だが、撮影中の様子について中条は「現場でも頼れるお兄さん」とニッコリ。「役作りとか、歌とか、どうしようとか言っていたら、(志尊に)『そのままで大丈夫だよ。楽しめばいいから』って」と悩みを打ち明け、フォローしてもらったという優しい一面を明かした。

続けて、中条が「(志尊も)自分でもいっぱいのはずが、みんなのことを守っていた」とべた褒めすると、志尊は「みんなちゃんと聞いてた?」とドヤ顔で、生徒たちに呼びかけると、会場は大歓声に包まれた。

◆映画「覆面系ノイズ」とは

今作は、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」で甘く切ないラブストーリーを繊細で柔らかい映像で描き、興行収益20億を超えるヒットを飛ばした三木康一郎監督がメガホンをとり、「花とゆめ」連載中でコミックス累計発行部数が170万部超えの人気コミックを実写化した作品。

登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ラブストーリーで、全編を彩る音楽も作品の大きな魅力のひとつとなっている。劇中バンド「in NO hurry to shout;」(略称:イノハリ)は、MAN WITH A MISSIONが作詞作曲を担当した楽曲「Close to me」で11月15日にメジャーデビューすることも決まっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!