3

土屋太鳳「心をえぐる冷たい言葉も…」思い込み上げ涙 TAMA映画賞授賞式で

2017年11月19日 12時09分 (2017年11月19日 13時30分 更新)
 
 女優の土屋太鳳さんが11月18日、パルテノン多摩(東京都多摩市)で行われた第9回TAMA映画賞の授賞式に出席。土屋さんは「トリガール!」「PとJK」「兄に愛されすぎて困ってます」などで最優秀新進女優賞を受賞した土屋さんは「映画の扉をたたいてから12年。本当にたくさんの言葉に出会いました。涙が心からあふれる温かい言葉もあれば、心をえぐる冷たい言葉もあった……」と話したところで言葉に詰まり、会場から温かな拍手が起こり「頑張れ!」とエールを送られると、こらえきれず涙をこぼした。

 それでも土屋さんは「いつの間にか、でこぼこな心になっていましたけど、今回(受賞理由として)いただいた言葉は『それでいいんだよ』と包み込んでくださるような、背中を押してくださるような言葉で、この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」と前を向いた。

 TAMA映画賞は、1991年から毎年、多摩市で開催されている市民映画祭「TAMA CINEMA FORUM」で2009年に創設された映画賞。この日の表彰式には長澤まさみさん、満島ひかりさん、池松壮亮さん、間宮祥太朗さん、高杉真宙さんらも出席した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    土屋太鳳、必ずや、時代の華、希代の名女優に成長するに違いない。 どうか、そのままブレずに、心強き人に。

    1
  • 匿名さん 通報

    パナマのvpn(月額300円)を使わないと警察幹部もグルなので外部に住所が特定されてしまう。 パソコンのクッキイを使うと外部に中身を覗き込まれて。 そして集団ストーカーが始まり言論の自由が奪われる

    0
  • 匿名さん 通報

    彼女が出演している映画はすべてコケている。 個別の好材料も聞かないのに何で評価するんだ!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!