0

『チャンネルはそのまま!』ドラマ化 本広監督と『水どう』がタッグ

2018年6月25日 05時00分

『チャンネルはそのまま!』原作イラスト(C)佐々木倫子/小学館

[拡大写真]

 漫画『チャンネルはそのまま!』がHTB北海道テレビにて連続ドラマ化されることが発表された。北海道テレビ開局50周年を機に特別企画として全従業員から企画募集を行ったところ、一番応募数が多かったのが本作の実写化に関するものだったという。

【写真】『チャンネルはそのまま!』フォトギャラリー

 原作は2008年から2013年まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載された、『動物のお医者さん』『おたんこナース』で知られる札幌在住の漫画家・佐々木倫子による痛快コメディ。札幌のローカルテレビ局を舞台に、謎の“バカ枠”で採用された不思議なパワーを持つ新入社員・雪丸花子を主人公に、彼女に振り回されるテレビマンたちを描き、「ローカルテレビ事情がリアルすぎる」と話題になった作品だ。

 連載当初から北海道テレビが全面協力しており、職員への取材はもちろんのこと、漫画に登場する社屋やスタジオの詳しい描写に本職のテレビマンが驚くほどであったという。ローカル局の「リアル」を描くことで話題となった作品が、まさに取材を受けたHTBのテレビマンと社屋によって、よりリアルなドラマとなっていく。

 総監督を務めるのは、『踊る大捜査線』シリーズをはじめ、映画『亜人』『曇天に笑う』などで知られる本広克行。監督はローカル局のウイークポイントを逆手にとってニッポンのバラエティ番組を変えたといわれる『水曜どうでしょう』の名物ディレクター藤村忠寿、プロデューサーに同じく『水どう』の嬉野雅道と、強力タッグが実現する。

 今回の連続ドラマ化にあたって本広総監督は「HTBの開局50周年企画のドラマを絶対に面白い番組、いや作品にしてみせます!!」と熱く語る。また、監督をつとめる藤村は「テッペンを狙えるスタッフと最良のキャストを集めました。やってやります!」と意気込み、そしてプロデューサーとして参加する嬉野は「テレビとは、テレビマンとはどうあるべきか。おこがましくも地方局がそのことを考えようというのである。本広監督!出番ですよ!」とコメントしている。キャストは今後随時発表される。

 ドラマ『チャンネルはそのまま!』はHTB北海道テレビにて2019年3月放送。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『チャンネルはそのまま!』ドラマ化 本広監督と『水どう』がタッグ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!