0

『M:I』最新作、特別映像公開! イーサンの心の葛藤が描かれる人間ドラマにも注目

2018年7月21日 08時00分

アクションだけじゃない!イーサンの心の葛藤が描かれる人間ドラマにも注目(C)2018 Paramount Pictures.All rights reserved.

[拡大写真]

 トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督が登場したジャパンプレミアが大きな話題となった映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。8月3日からの日本公開を控え、トム演じるイーサンの新たなミッションにフォーカスをあてた特別映像が解禁された。

【写真】トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィルら登壇! ジャパンプレミアの様子

 本作は、全世界累計興収3000億円以上、トム・クルーズが伝説的スパイ、イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作。撮影中のアクシデントでトムが骨折したことが大々的に報道されたビルジャンプ、トム自らヘリコプターを操縦したヘリスタント、上空7620mから時速320キロで落下するヘイロージャンプなど、“ノースタント”のド迫力アクションは本作でも健在。

 今回公開された特別映像の中で、トムは「壮大で感情に訴える見ごたえのある作品だ」と本作について語っており、マッカリー監督も「今作はイーサンの個人的な問題にも焦点をあてている」とコメントするなど、イーサンの内面に迫ったストーリーが展開されることが明かされている。

 さらに、マッカリー監督は「今まで行ったことのない場所、見たことないものをイーサンと共に体感できるんだ」と話しており、同シリーズの重要な要素の一つとして、紀行映画の側面があることにも言及している。実際に、本作ではロンドン、パリ、ニュージーランドなどで撮影が行われ、複数の文化圏をまたぐ冒険が繰り広げられている。

 また、映像の最後には、上空を飛ぶヘリから垂らされたロープをよじ登り、それから十数メートル落下してロープの先に固定された大きな荷物にぶつかるというアクションのメイキングも映し出されている。これは、2年に渡って企画や計画が進められたというアクションで、非常に難易度が高かったそうだ。実際にヘリにぶら下がる荷物にトムが落下した際、スタッフは「トムを失った…」とパニックを起こしたというが、本人は「とても楽しかったよ!でも、みんなは楽しくないよね(笑)」とあっけらかんと振り返っている。

 「アクションだけでなく、観客はキャラクターに感情移入する」と断言するトム。アクションはもちろん、人間ドラマにも注目だ。

 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より公開。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『M:I』最新作、特別映像公開! イーサンの心の葛藤が描かれる人間ドラマにも注目」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!