0

野村周平、“SNSの住人”に呼びかけ「実際に会いに来てほしい」

2018年9月22日 15時21分

主演映画『純平、考え直せ』が公開初日を迎えた野村周平 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 俳優の野村周平が22日、主演映画『純平、考え直せ』初日舞台あいさつに登壇した。同作がSNSをテーマにしていることから「SNSの住人は、その中でしか生きていないので、心もとない発言をしてしまうこともあると思いますけど、直接人と会わなきゃ何もわからないので、SNSだけで人格を否定するなよっていうことは言いたいですし、実際に会いに来てほしい」と訴えた。

 自身の役どころと絡めながら「純平は芯のしっかり通った男で、こういう男性がこれから増えてくれたらなと思いますし、自分も純平のようになりたいです」と宣言。最後には「SNSを否定するようなことを言ってしまいましたが、みなさんのSNSでの宣伝効果で『カメラを止めるな!』みたいに広がっていくことになると思うので、よろしくお願いします」と茶目っ気を交えてアピールしていた。

 直木賞作家・奥田英朗氏の人気小説を実写化。新宿・歌舞伎町のチンピラ坂本純平と、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)が、限られた3日間を刹那に駆け抜ける疾走感あふれる作品となっている。

 舞台あいさつには、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音佐野岳佐藤祐基藤原季節森田涼花木下愛華片岡礼子森岡利行監督も登壇した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「野村周平、“SNSの住人”に呼びかけ「実際に会いに来てほしい」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!