0

4か国語を操る盲目の英少女、欧州議会で“夢”の通訳デビュー果たす。

2011年4月18日 22時55分 (2011年4月19日 23時45分 更新)
親の教えと、手と耳の感覚を研ぎ澄ませることで、10歳ながら母国語の英語のほか、フランス語、スペイン語、中国語の4か国語を習得した盲目の少女が英国にいる。この少女は議員に同行という形で、このほど欧州議会での通訳デビューを果たしたそうだ。    

英紙デイリー・メールやメトロなどによると、ケンブリッジで暮らしているアレクシア・スローンちゃんは、共にケンブリッジの学校で教師を務める英国人の父リチャードさんと、スペイン人とフランス人のハーフ・母イザベルさんの娘として生まれた。そんな彼女は、両親の教えにより、英語、スペイン語、フランス語の3か国語は小さなうちから話せるようになったという。しかし、そんなアレクシアちゃんが突然の悲劇に襲われたのは2歳のときだった。

脳に腫瘍が見つかった彼女は、18か月もの時間をかけて化学療法での治療を続け、状態が落ち着いたのと引き換えに両眼を失明。以来、目からの情報が一切入らなくなってしまった彼女だったが、あるとき自分のある能力に気が付いた。「視力がない分、聴力は敏感だと思う」(デイリー・メール紙より)と話すアレクシアちゃん。その力は最も身近な音である言語への関心へと繋がり、彼女は世界の言語に興味を持ち始めたそうだ。「私が世界を見るためには、言葉を知らないと」と好奇心を見せる彼女は、次第に通訳としての夢を抱くようになった。

親の教えもあり「スペイン語とフランス語は簡単に学べた」という彼女は、自分の力に気が付いた6歳のときに「ほかの言葉も学びたい」と母親にお願い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!