0

36年同番号買い続け8億円当籤、オーストラリアの夫婦のこだわりが結実。

2011年9月2日 08時30分 (2011年9月3日 23時45分 更新)
大金を手にするチャンスが得られるとあって、世界各地で人気となっている宝くじ。大きな当たりをゲットするには、強運や買い続ける根気も必要で、そう簡単に当せんできるものではない。オーストラリアで先日、ロトくじの1等1,000万オーストラリアドル(約8億2,500万円)を射止めた夫婦のケースでは、36年間も同じ番号を買い続けた末に、やっと大当たりを掴んだという。

豪紙ヘラルド・サンによると、この高額賞金が飛び出したのは「パワーボール」という同国のロトくじ。例えば日本の「ロト6」だと、43個の中から好きな数字6つを選ぶ仕組みになっているが、「パワーボール」の場合はその仕組みが少し複雑だ。オーストラリアのルールは、まず45個の数字から5つを選び、さらに別の45個の数字が並ぶプールから1つの数字を選ぶというもの。選ぶ数字が多い上に、6つ目の数字が当せん難易度を高めている分、「ロト6」よりも大金にたどり着くまでの道のりは険しいが、それだけ賞金額もかなりの高額が期待できる。

オーストラリアでは毎週木曜日の夜に抽選が行われているが、8月25日にも抽選会が開かれ、それら6つの数字をすべて当てた1等1,000万オーストラリアドルの当せん者がいた。見事に1等を射止めたのは、ビクトリア州カヤブラムに住んでいるという夫婦。匿名を条件にヘラルド・サン紙にコメントした夫婦は、「生活が変わるだろう」と当せんを喜んでいるという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!