0

子どもを支配したがる「モラ母」とどう向き合うか

2011年12月26日 20時00分
このまま子供がまともな愛情を知らずに大人になったときに、相変わらず続くモラ母からの支配が、子供をいつまでも自立させずに苦しめるのです。
 なかには自分の子どもに、自分がされたのと同じように接してしまうという例もあるそうです。愛情の欠落が、世代間で繰り返されてしまうからです。
 『母を棄ててもいいですか? 支配する母親、縛られる娘』には、上記に挙げたようなモラ母との関係を絶つ、つまり娘が母を「棄てる」ことで母への従属を脱し、新たに成長していこうという例が、何例も描かれています。
 
 母親との関係がうまく行っていないような人で、今回紹介した内容に心当たりがあるようでしたら、何が本当の原因だったのか、この本を手がかりに「モラ母」の可能性を疑ってみるのがいいかもしれません。
(新刊JP編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「子どもを支配したがる「モラ母」とどう向き合うか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!