0

フジ『27時間テレビ』へ批判殺到!?「下品過ぎ理解不能」「わいせつが限度超えてる」

2013年8月5日 19時20分 (2013年8月6日 13時08分 更新)
 フジテレビ毎年恒例の長時間番組『FNS27時間テレビ』が、今年も8月3日18時30~翌20時54分まで放送された。「女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!」との副題が付けられた今回は、計11人の人気女性お笑いタレントが司会を務める構成。2年前に同番組内で放送されたお色気企画に視聴者から批判が殺到し、昨年は全体的におとなしめのトーンだったことから、その反動で「今年はかなり過激な内容になるとの前評判が高かった」(テレビ局関係者)という。加えて、昨年のテレビ局別の年間視聴率ランキングで3位へ落ち、6月に亀山千広氏が新社長に就任して間もないこともあり、「フジテレビは今回の『27時間テレビ』にかなり力を入れており、業界内の注目度も高かった」(同)という。


 実際の放送はその前評判どおり、開始早々から中継中に地方系列局社長がズボンを下げ、着用するピンク色の下着を見せたり、お笑いタレントの加藤浩次がアイドルグループ・AKB48のメンバーの顔を踏みつけ投げ飛ばしたりと、過激なシーン満載の内容となった。

 そんな今回の放送を受け、ネット上では「面白い、過激なフジ復活」「下品で見るに堪えない」など賛否両論のコメントが多数見られ、早くも盛り上がりをみせているようだが、視聴者たちはどのような感想を抱いたのだろうか? そこで今回、実際に番組を見たという20~40代の男女に、感想を聞いた。

 まず、「あえて批判覚悟で、笑いを追求している姿勢が良かった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!