0

埼玉県・越谷のEPCOATショールームに、バリスタのコーヒーハウスがオープン

2014年2月6日 10時39分 (2014年2月6日 12時11分 更新)
ジェブは、埼玉県・越谷レイクタウン駅前に、国内トップバリスタの濱田大介氏プロデュースによるコーヒーハウスを併設したフロアコーティングショールームを2月1日に開設した。

○挽きたての豆をていねいにドリップ

ショールームでは、傷や紫外線等から家庭の床を守る同社のフロアコーティング「EPCOAT(イーピーコート)」を展示する。コーヒーハウスはそのショールームに併設しており、Little Nap COFFEE STAND オーナーバリスタの濱田氏がプロデュースした。コーヒーハウスとコラボレーションしたショールームは業界では初とのこと。

コーヒーハウスでは、挽きたての豆を1杯1杯ていねいにドリップして提供する。メニューはドリップコーヒー(380円)、カフェラテ(ホット400円、アイス450円)、アメリカーノ(ホット380円、アイス400円)、エスプレッソ(350円)、アイスコーヒー(400円)。アイスクリームやジュースなども用意する。

「Flying saucer Coffee house(フライングソーサーコーヒーハウス)」は埼玉県越谷市のレイクタウンオークラビル3Fにオープン。営業時間は10:00~19:00。水曜定休。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!