0

嘘つきの才能:枡野浩一連載13

2014年9月12日 19時10分

枡野浩一の「今夜も仲なおり

第13回「嘘つきの才能」

 私は昔、人気漫画家と結婚していたことがあるんです。ご存じない方は検索でもして調べてみたらいいじゃないですか。当時の妻の漫画に登場したりもしていました。だから「漫画の登場人物になること」には慣れてるんですが、相方には才能ないですね、漫画の。

 申し遅れましたが、この連載に添えられている4コマ漫画は、相方の詩人(本田まさゆき)が描いています。もともと相方と私のコンビ「詩人歌人」のフリーペーパー『NAKANAORI』に連載していたものだったのですが、フリーペーパーは月1回発行なので、最近は月2回更新の連載用に、わざわざ描きおろしてもらっているんですよ。

 で、相方にいちばん豊富にある才能は「嘘をつく才能」だと思ってるんですが。この4コマ漫画に関しては、その「嘘をつく才能」すら、マイナスに作用してしまっていますね。

 たとえば今回のやつだと、相方のアパートの上に住んでいるのは、日本語の通じない外国人の男性なんです。私はまだ会ったことがないのですけれども人種的には黒人。相方はいつも、英語で怒鳴られているのだそうです。

 そのアパートに引っ越した当初、「何も悪いことしてないのにファックユーと言われた!」などと、被害者ぶっていた相方。でも、よくよく話をきいてみたら、むしろ被害者は向こうでした。深夜にお笑いのDVDを大音量で観ながら寝てしまったことがあり、それ以降クレームがつくようになった、っていうんですよ?

 そういう背景をこの4コマにも描けばいいと思いませんか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「嘘つきの才能:枡野浩一連載13」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!