睡眠時の動悸……何が原因?

2014年11月19日 08時00分 (2014年12月3日 20時02分 更新)
あなたは、夜寝ているときに目が覚めることはありませんか? 深夜、胸が苦しくなってハッと目が覚めて、起きた後も心臓がバクバクして脈拍数も増えている状態であれば、かなり注意が必要です。この睡眠時の動悸には何が関係しているのでしょうか。

睡眠時の動悸……睡眠時無呼吸症候群かも?!

夜中に急に目が覚めることは多くの方が体験していることですが、息苦しくなって起きるのであれば注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群の可能性があるからです。

睡眠時無呼吸症候群は、不眠や夜中に何度も目覚める、頭痛、昼間に眠くなる、集中力が低下するなどが主な症状だといわれている睡眠障害です。

もし肥満体だったり、息苦しくて目覚めるのが飲酒したときに多かったりする場合には、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いといわれています。心当たりのある方は、注意してください。

睡眠時の動悸がなくなった事例

夜中に息苦しくなって目が覚めたら脈が1分間に100回を超えており、心臓もバクバクしている状態になったという人が、改善した例があります。

この人は、特にお酒を大量に飲んだ後に脈がおかしくなったといいます。最近、何キロか太ったということもあり、ますます睡眠時無呼吸症候群が疑われたそうです。

そこで、寝室をきれいにし、アレルギー性鼻炎も治療して、体重も元に戻すように努力をしたそうです。すると、いびきも特に気にならなくなり、夜の動悸もなくなったのだそうです。

ちょっとした工夫や心がけでよくなる可能性のある睡眠中の動悸。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。