睡眠時の動悸……何が原因?

2014年11月19日 08時00分
病気が進行しないうちに、手を打っておくのが良さそうです。

心当たりのある人は、不整脈の検査を

夜中の動悸は、睡眠中に目覚めてしまい、睡眠が妨げられることによる睡眠不足だけが弊害ではありません。突然不整脈が起きることによって、死に至ることもあります。

現在の医療では、自宅で心電図の記録装置を身につけて、寝ている間の不整脈を調べることのできる、ホルタ―心電図検査も受けることができます。

意識がなくなるほどの発作を経験したことのある人や、突然の動悸で脈が1分間に120回を超えている状態が数時間以上続く場合、顔色が悪い、冷や汗が出るなどの場合には、早急にお医者さんに相談しましょう。

Photo by Avenue G

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。