0

マイクロン、高コストパフォーマンスの2.5型SSD「Crucial BX100」

2015年1月7日 11時43分 (2015年1月7日 13時30分 更新)
マイクロンジャパンは7日、Crucialブランドの2.5型7mm厚SATA SSDの新製品「Crucial BX100」を発表した。1月下旬から出荷を開始する。容量と店頭予想価格は、120GBが8,500円前後、250GBが13,500円前後、500GBが24,000円前後、1TB48,000円前後の見込み。

Micron製の16nm MLC NANDフラッシュを採用し、コントローラは「Silicon Motion SM2246EN」(カスタムファームウェア)、インタフェースはSATA 3.0(6Gbps)だ。総書込バイト数(Total Byte Written)は、各容量とも72TBWとなっている(1日当たり40GBの書き込み×5年間に相当)。

シーケンシャルリードは各容量とも535MB/秒、シーケンシャルライトは120GBが185MB/秒、250GBが370MB/秒、500GBと1TBが450MB/秒。4KBランダムリードは120GBと250GBが87,000IOPS、500GBと1TBが90,000IOPS、4KBランダムライトは120GBが43,000IOPS、250GB/500GB/1TBが70,000IOPSだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!