0

鍋スープにめんつゆ、ポン酢、チューブからし...この調味料が危ない!

2015年2月3日 08時00分 (2015年2月9日 07時56分 更新)

『調味料の危険度調べました』(三才ブックス)

 鍋の季節。重宝されるのが、鍋スープの素だろう。こちらの下準備は野菜を切るのみ。あとは鍋スープの素をドバドバと入れるだけで完成という手軽さで、誰もが1度は使用したことがあるのではないだろうか。最近では1人用の鍋スープの素が定着し、各メーカーから様々な商品が販売されている。

 しかし、そんな現状に警鐘を鳴らすのが、『調味料の危険度調べました』(三才ブックス)だ。著者の郡司和夫氏はこう記す。

「単身者でも手軽に鍋料理が作れる製品が増えていますが、手軽さの代償になるのは安全性。うまみや風味を増すために製品によっては数々の添加物が使用されています」

 では、ふたつの1人鍋用スープの素を比べてみよう。まずは観月ありさのCMでお馴染みの「プチッと鍋(寄せ鍋)」(エバラ食品工業)だが、こちらの添加物は「調味料(アミノ酸等)」と「酸味料」のみと、種類は少ない。

 様々な商品でよく見かける「調味料(アミノ酸等)」の表示だが、これは、「グルタミン酸ナトリウムとほかの化学調味料、あるいは無機塩のリン酸などが一緒に使われて」いるというが、そのパターンでない場合も。ここ数年目立っているのが、「調味料(アミノ酸等)にリン酸を加えているケース」だ。リン酸の過剰摂取は骨のカルシウムを減少させるという。「調味料(アミノ酸等)」表示だけでは、判定できない危険性もあるようだ。

 さて、次にメジャーな商品である「鍋キューブ(鶏だし・うま塩)」(味の素)だが、まず気にしてほしいのが原材料表示の順序。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!