0

大阪新みやげ「道頓堀トリオ」 登場 訪日中国人客にさっそく好評!

2015年9月25日 09時00分 (2015年10月19日 18時37分 更新)
大阪ミナミ、特に道頓堀は現在、中国人をはじめとする訪日外国人客で大賑わい。その中国人観光客たちに「大阪でるとき連れてって~!」とアピールする、究極の“大阪みやげ”が新登場した。

その名も「道頓堀トリオ」。大阪からたこ焼きやお好み焼きといった粉もんの普及に努める日本コナモン協会と、道頓堀の人気お好み焼き店主たちがコラボレーションし、万能調味料を企画、開発した。「道頓堀お好み醤油」「道頓堀極ソース」「道頓堀だしマヨ」の3種類で、いずれも粉もん料理に欠かせない素材。醤油はヤマサ、ソースはオタフク、マヨネーズはキューピーが協力した本格仕様だ。


9月15日、道頓堀の中心にあるお土産店「いちびり庵」前で、道頓堀トリオの開発に携わった「美津の」「でん」「千陽」「福太郎」などの店主たちとともに、日本コナモン協会の熊谷真菜会長らが試食会を実施。通りかかった外国人客らに振舞った。

香港から来た女性客は「おいしい、これはどんな料理にも合いそう」といい、中国・福建省からの夫婦は「私は、お好み醤油がいいけど、主人は極ソースが気に入っています」と話した。ほかにも、試食するたびに「ハオチー(おいしい)!」と連発したり、すぐに商品をレジに持って買っていったりする観光客もいて、とても好評だった。この「道頓堀トリオ」は、いちびり庵各店で販売されている。

一方、9月15日発売の情報誌『関西ウォーカー』挟み込み別冊で「粉もんWalker」が発刊され、道頓堀トリオを使った創作メニューを大阪の人気店が競作した模様などが掲載されている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!