0

夫婦はどっちがリードするべき?「亭主関白」と「かかあ天下」な男女を比べてみた

2015年11月28日 12時10分 (2015年11月28日 14時25分 更新)

夫婦関係は対等にという考え方が基本ですが、実際には夫婦のどちらかがリードして家庭が成り立っている場合が多いです。そこで今回は、亭主関白とかかあ天下それぞれの特徴やメリットをお伝えします。自分だったらどちらがよいかを想像しながら読んでみてはいかがでしょうか。

■亭主関白な家庭はこんな雰囲気

付き合っている時から彼のほうがリードすることが自然だった、また年の差カップルでは年上の彼に対する尊敬の念からリードしてもらいたいと考えている女性の場合は、亭主関白な家庭が理想になるでしょう。亭主関白に向いている男性は、自分がリードしたいという責任感が強い人や他人の束縛を嫌う人などが特徴と言えます。女性から見て男らしく頼りがいがあり、守られている安心感もあります。

一方で気が強すぎる女性と結婚すると、対立してしまうリスクもあります。ひと昔前は男性が家庭を引っ張るのは当然のことであり、女性は男性よりも一歩下がるという考え方もありました。しかし現代では女性が自分の考えを主張することも珍しくありません。時に妻側の意見も取り入れる柔軟性を持ちながら、夫が主導権を握ると円満になるでしょう。亭主関白な家庭は世間から見ても安定したイメージを与えるでしょう。

■かかあ天下な家庭になりやすいカップルの特徴

妻に任せるほうが物事がうまくいくと思っている夫や、決めてくれたほうが楽だと思っている夫の場合はかかあ天下な家庭に向いています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!