0

ジーンズを畳んでしまうのはNG?! 知っておきたい洋服の正しい保存方法4つ

2016年2月14日 11時00分

洗濯し終わった洋服をしまうときに、なんとなく畳んだりなんとなくハンガーにかけたりしていませんか? きちんとしまっているつもりでも、いざというときに見つけられなかったりシワになってしまったり……。今回は、そんな洋服の正しい保管の仕方をご紹介します。正しい方法で保管すれば、探す手間がはぶけて時間の節約になるだけでなく、服を長持ちさせることにもつながりますよ。


■ジーンズはS字フックにかけて吊るす

ジーンズは畳んでしまっている方がほとんどではないでしょうか。しかし、実はベルト通しの部分にS字フックをかけ、吊るして保管するのがベストなのだとか。というのも、ジーンズは湿気が大の苦手。匂いの原因になりますし、質の良いジーンズほど頻繁に洗えないので、干して風通しをよくしておくことが大切です。何本かまとめて壁に吊るして“見せるインテリア"風にしても良いでしょう。

■ワンピースやシャツはハンガーにかける

シワのつきやすいワンピースやシャツは、ハンガーにかけましょう。シャツはアイロンをかければ済みますが、ワンピースは一度シワがついてしまうと大変。ハンガーにかけていてもぎゅうぎゅうに詰めるとシワになってしまうので、ほどよく間隔を開けて干しておくのも大事な保存のコツです。

■ニットは畳む

かさばりやすいニットは畳みましょう。薄手のものならば、丸めるのも良いかもしれません。ときどき、ニットをハンガーにかける方がいますが、肩のところに跡がついてしまうので、NG。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ジーンズを畳んでしまうのはNG?! 知っておきたい洋服の正しい保存方法4つ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!