0

塩顔ブームの終焉!?薄い顔が好きという人は全体の…

2016年4月16日 20時00分 (2016年4月16日 20時20分 更新)
顔が濃い人は、あっさりタイプよりもエロさを感じるよう。それが今の「濃い顔男子」人気の要因だとすると、顔の好みの変化と同時に「草食男子ブームから肉食男子ブームへ」と移行していくとも考えられなくはないだろう。

■地域別でも「濃い顔好き」が増加都道府県別の調査で見ても、濃い顔男子への支持率が相当高いとわかる。トップ3を抜粋してみても一目瞭然。濃い顔男子の需要は、明らかに高まっているようだ。



昨年の調査で取り上げられている埼玉を比べてみても、約25%も濃い顔好きが増えていることになる。最近では新たに「ジェンダーレス男子」という、美意識が高くカラコンやメイクまでする男子のブームもきているとか、いないとか...。

このように、数ヶ月前までは聞かなかったような言葉が突然飛び込んできては、いつの間にかなくなっているのがブームというもの。

奇想天外なブームがやってくるのを予想したり、その時の流行から時代背景を読み解いてみるのもおもしろいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・山吹彩野

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女667名(有効回答数)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!