テレ東『世界ナゼそこに?日本人』に多数の統一教会信者が!「合同結婚式で海外信者と結婚」を隠しウソ経歴放映

2016年6月12日 11時00分 (2016年6月17日 12時00分 更新)

上・テレビ東京『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝~』より/下・世界平和統一家庭連合公式サイトより

[拡大写真]

『Youは何しに日本へ?』『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』『家、ついて行ってイイですか?』など他局とは一線を画す"予算激安"番組で絶好調のテレビ東京だが、そのテレ東の人気番組『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝』で、大きな問題がもちあがった。

 同番組は、世界の珍しい国々の、日本人が絶対いそうにない場所に住む日本人を訪ね、その波乱万丈の人生を紹介するというものだが、そこに登場した日本人に、統一教会(世界平和統一家庭連合、旧・世界基督教統一神霊協会)の合同結婚式で海外に送られた信者が多数含まれていたのだ。しかも、テレ東はそのことを隠し、別の物語をでっち上げて放送していた。

 これは、5月26日、統一教会の被害者救済に当たっている全国霊感商法対策弁護士連絡会がテレ東に対して抗議をしたことで発覚した。同会の「申入書」はこう訴えている。

〈「世界ナゼそこに?日本人」では、これまで、外国人男性と結婚して海外に居住する日本人女性信者、海外宣教を命じられて海外に居住する日本人女性信者を多数登場させてきました。〉
〈この番組では、外国人男性と結婚した日本人女性信者について、 ①統一教会信者であることを意図的に秘匿し ②恋愛を絶対的に禁止され、教祖文鮮明の指名により見ず知らずの外国人男性と結婚し、家庭を持ったことを秘匿し ③統一教会による指示を受けて、海外で布教活動を行っていることを秘匿しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。