0

たこ焼き店なのにワインリスト!? 四条大宮の鉄板焼き屋がハイレベルすぎる【鉄板28号】

2016年6月14日 19時00分 (2016年6月24日 10時18分 更新)

出てきた白ワインは、澄んだ蜂蜜のようなオレンジ色でした。

まったりした渋みがあって、白ワインって言われなければまったく別の飲み物。 好きかどうかというと、よく分からない。 また飲みたいかというと、飲むかもしれない、むしろこの味、好きかもしれない……そんな複雑な味のワインでした。

それにしても、上質なワインと背景のごちゃっと感……。「かしこまった空間で飲むと、緊張してワインの味が分からなくなることないか? ウチやったら先入観にとらわれず、ワインの味だけを判断できるやろ」ってことなので、このごちゃっと感は計算のうちなのかもしれません。

ワイン注文者だけが閲覧可能なメニューがある

ビールを飲んでいる人には、たこ焼きやネギ焼きが書いてあるスタンダードメニューが渡されます。 しかしワインをオーダーすると、「鉄板28号」の真骨頂的な別メニューを見せてもらえます。

ただし、ほぼすべてが限定メニューです。 仔羊のタリアータ、イワシクジラのカルパッチョ アンチョビソース、炙り〆鯖と春菊とパクチーどっさり盛り、トムヤム和え麺……などなど。和洋中エスニック、ジャンル問わずのラインナップ。全部気になりすぎる!

1人につきワイン2杯以上を飲むと、このメニュー表の料理は2割引になるという嬉しいサービスがあります。

悩んだ末、ワイン用メニューの定番であるブルーチーズのねぎ焼きをオーダーしました。 ぺたんこの生地に、ブルーチーズや九条ネギ、卵を乗せるタイプです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!