0

相続人からの借金が債務控除として認められる為の大事な3つ(松嶋洋)

2016年7月22日 19時00分 (2016年8月19日 18時57分 更新)
前回説明した債務控除ですが、子が親にお金を貸している場合を除くといった規定がありませんので、相続人に対する借金についても債務控除として認められます。しかし、こうなると租税回避につながる可能性がありますので、税務調査では厳しくチェックされます。このため、予め税務調査を踏まえた対策をとって申告する必要があります。


■親族間の債務控除のチェックポイント

親族間の貸し借りについて債務控除を受ける場合、国税からは以下のようなポイントをチェックされることが通例です。

(1) 金銭消費貸借契約書はあるか
民法上、契約は口約束でも成立しますが、銀行から借金する場合などには、後日のトラブルを避けるために確実に金銭消費貸借契約書を結びます。
親族間だから結ばないことが通例ですが、契約書がなければ、「契約書がないなんておかしい」と指摘される可能性があります。

(2)返済の実績はあるか
銀行などから借金をすれば、リスケをするような場合を除き、元本を据え置いてあるとき払いにする、といったことはないはずです。
借金であればいつかは返すべきものですので、できることなら返済表を作り、少しずつでも返済の実績を残すべきでしょう。

(3)利息の計上
無利息貸付けが行われることもありますので、利息を取っていないからといって即どうなるわけでもありませんが、借金であることを証明するためには、利息も支払っている、という実績があった方が望ましいでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!