0

今年のオリオン座流星群は「10月21日」がピーク!観察するときのポイントを抑えよう!

2016年10月19日 00時43分
10月21日、オリオン座流星群が極大を迎えます!

オリオン座流星群とは、全流星群の中で二番目に速度が速く、肉眼で見えるほどに明るい流星群のひとつです。
母天体はハレー彗星であり、活動期間は10月2日~11月7日と1カ月もあります。
毎年10月19日~23日の間に東の空で見られ、今年は10月21日の14時が極大だそうです。

Ayumiさん(@ayumi_tzk)が投稿した写真 - 2016 10月 14 11:55午前 PDT



いつ見る?
実は今年の極大期は満月。
月が明るいため例年より見辛くなるそうですが、比較的観察しやすいといわれているのが10月21日の深夜0時から明け方にかけてだそうです。
次に観察しやすいのが10月22日深夜~明け方になります。

@yukinori_aosakaが投稿した写真 - 2015 11月 11 7:23午後 PST



どこを見ればいい?
流星は東の空、オリオン座のあたりから放出されますが、空全体を流れていくため、それほど厳密にその方向を見なくてはいけないというわけではないようです。
むしろ、見落とさないように全体を眺めていた方がいいようですね。
寝袋などを使って寝転がると良いのではないでしょうか。

古賀雄大さん(@yudai__11)が投稿した写真 - 2016 10月 1 12:40午後 PDT



ポイント
人工的な光を避け、なるべく暗い場所に行きましょう。
その際に危険がないよう懐中電灯を持っていくことをお勧めします。
また、夜間の冷え込みに対する防寒対策をきっちりと行ってください。

<観測条件が良かった2015年のオリオン座流星群>

出典 YouTube



オリオン座流星群は毎年観察することができます。
星座観察に最適なポイントを見つけて、毎年の比較をしても楽しいかもしれませんね♪

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「今年のオリオン座流星群は「10月21日」がピーク!観察するときのポイントを抑えよう!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!