0

排出されるのは水蒸気のみ!ドイツで世界初の『水素だけで走る電車』がお披露目!

2016年11月7日 20時18分
近年、水素で走る自動車に大きな注目が集まっています。
ハイブリッドや電気自動車など、音を立てずに走る車が増えてきているようです。

@toyotalatinolaが投稿した写真 - 2016 11月 5 7:50午後 PDT



水素自動車は、有毒な排気ガスを出すことがなく、環境にも良い車です。
2014年にトヨタがCO2を出さない水素自動車「MIRAI」を発表しましたね。

ただ、水素で走るのは自動車だけではありません。
なんと、ドイツで水素自動車ならぬ「水素列車」がお披露目されたのです!

水素だけで走る列車
「水素列車」はフランスのAlstom社が開発し、その名は『Coradia iLint』というそうです。
どうやらリチウム・イオン・バッテリーが多く搭載されており、屋根のタンクにある水素燃料を酸素とともに燃焼させ、エネルギーにしているようです。

出典 alstom



もちろん、『排出されるのは水蒸気のみ』です。
走行中もとても静かで、車輪と車体の空気抵抗の音だけしか聞こえてきません。

とても画期的な列車ですが、どれくらいのスピードが出るのでしょうか?

現在はテスト走行中
予定されている走行距離は約800Kmで、スピードは時速140Kmまで出るそうです。
この水素列車はまだ試験的な段階だそうで、開通は2017年の12月を予定しているのだそうです。

それまでは、テスト走行などが実施されていくそうです。

出典 alstom



出典 alstom



ドイツのニーダーザクセン州はこの電車をすでに14両も購入したようで、このままテストがうまくいけば国内にある4000両のディーゼル機関車と置き換えられていくそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「排出されるのは水蒸気のみ!ドイツで世界初の『水素だけで走る電車』がお披露目!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!