0

アルバイトの新トレンド? 女子大生におすすめのベビーシッターの資格について取材してみた!

2016年11月14日 16時09分 (2016年11月14日 23時25分 更新)
座学では「おむつ替えの仕方」をはじめ、お世話をする際に必要となることや、「子供の成長に合わせた遊び方・接し方」の研修なども行います。また、お子さまの体調が悪くなった場合など、トラブル時の対応をグループワークでディスカッションしたり、他にも親御さんとのやりとりについてのスムーズな方法など、多くのことを学びます。

――無料講座を受けることで、育児スキルも身に付きそうですね。

好栄さん もう一つは実地研修です。数人のトレーナーがいて、実際にそのトレーナーの子供のお世話をするのですが、複数のチェックポイントがあり、子供との接し方やトイレのサポートなどトレーナーから丁寧な指導があります。

――やはり子供を預かる仕事だけに、座学でも実地でも学べるので安心ですね。

好栄さん 民間資格ではありますが、しっかりと実地研修も行い、ペーパーだけではないというのがキッズラインのベビーシッター認定講座のこだわりの一つです。

■自分の好きなスタイルで働けるキッズラインのベビーシッター

――認定講座を受け、ベビーシッターとしてデビューされた後はどのような形で仕事をすることになるのでしょうか?

好栄さん 採用後はページに掲載され、それを見た親御さんたちから依頼が来て、ご自宅に伺う、という流れになります。ベビーシッターごとに「保育可能年齢」「サポート回数」「時給」といった基本情報の他に、工作が得意、英語が教えられるなどの特徴が紹介されており、それを参考に選べるようになっています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!