0

宮藤官九郎が大河ドラマで「オリンピック」描く 33年振りの近現代史

2016年11月16日 19時17分

2019年1月より放送を予定しているNHKの大河ドラマで、宮藤官九郎さんが脚本を手掛けることがわかった。

題材は「オリンピック」で、全50回の放送を予定。近現代を舞台にした大河ドラマは、1986年に放送された『いのち』(作:橋田壽賀子さん)以来33年ぶりとなる。

大河ドラマで描かれるのは激動の52年間

今作は宮藤官九郎さんが大河ドラマにために書き下ろしたオリジナル脚本でつくられる。

日本選手がたった2人で参加した1912年のストックホルム大会から、1964年の東京オリンピック開催までという激動の52年間をクローズアップしていくという。

戦争の影響により幻となったオリンピックの自国開催、戦後の競技再開とともに関東大震災や東京大空襲といった歴史も盛り込まれる予定だ。

また、宮藤官九郎さんが脚本を担当した朝の連続テレビ小説あまちゃん』において、タッグを組んだ制作陣も集結。制作統括を務めるチーフ・プロデューサーは訓覇圭さん、演出を務めるチーフ・ディレクターは井上剛さんの名前が挙がっている。

宮藤官九郎さんは、大河ドラマを担当することについて、以下のようにコメントしている。

宮藤です。
歴史を動かした人物にも、戦国時代にも幕末にもあまり思い入れがないから、自分に大河ドラマは無理だろうと思っていました。
しかし、かつては現代劇や架空の人物を描いた大河もあったそうです。
「だから大丈夫です、できる題材を探しましょう」という優しい言葉を頂き、だんだんその気になり、考えたのが『東京』と『オリンピック』の物語です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「宮藤官九郎が大河ドラマで「オリンピック」描く 33年振りの近現代史」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!