0

ONE OK ROCK TAKA ニューアルバム『Ambitions』は「歌に集中した」

2017年1月11日 17時00分 (2017年1月13日 16時09分 更新)
ONE OK ROCKのボーカル・TAKAさんが、1月10日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、11日リリースのニューアルバム『Ambitions』について聞きました。



とーやま校長「『Ambitions』は“野望”という意味でよろしいですか?」

TAKA「そうですね。まさにその通りです」

とーやま校長「ワンオク先生は、この“野望”という言葉と共に音楽をされてるなって感じがあるんです。2年ちょいぐらい前から曲を解禁させてもらってて、“世界を射程圏内に捕えてる人たちの歌だな”って思って聴かせてもらってきたんですよ。それが2年経って、本当にそれ(世界、野望)がすぐそこにあると。これから、日本でもたくさんLIVEツアーで大きいところを回られますし、それでいいと言えばいいじゃないですか。でも そこだけで良しとしなくて、次なる目標に全てを投げ打ってまで挑戦されてるっていうのが、今回のアルバムで更に熱く、強く、感じることができました」

TAKA「うれしいですね。ありがとうございます!」

とーやま校長「“守りに入らない”姿勢はどこから来るんですか?」

TAKA「僕は守りに入ったら人間は終わりだと思ってるんですよ。動物たるもの、生きている以上は攻めていないとダメだなと思います。それに、僕は勝手に攻められなくなる日が来ると思ってるんですよ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!