0

老人ホームがX JAPANの「紅」で盛りあがる=奏者は4歳の天才ドラマー

2017年1月18日 14時23分 (2017年1月20日 12時22分 更新)

 世界で活躍する天才奏者たちは、その才能が早熟であることが多いようですが、日本でも将来があまりに楽しみな若きドラマーが注目されています。

 多くの聴き手に感動を与えているのは現在4歳のとらたろうさん。老人ホームの慰問で披露したX JAPANの『紅』ドラム演奏があまりに素晴らしく、お父さんがネットにアップした動画投稿には1万2千以上も「いいね!」がつき、あちこちから「すごすぎる」「え、4歳!?」などと絶賛されています。また、お父さんの話によると老人ホームでの紅は意外にも盛りあがったそうです。

 小さい体とは思えないほどの堂々とした演奏の後、おねだりしたのは何とイヤーモニター(※イヤーモニターとは音響を確認するためのヘッドフォンの一種)だそうで、間違いなく只者でない雰囲気を醸し出しているじゃないですか!!

 というわけで、今回はそんな旬の人物であるとらたろうさんについて、お父さんから詳しい話を聞いてみました。

■「神楽」が目覚めのきっかけに

 とらたろうさんはプロの演奏者を両親に持つ広島県広島市在住の2012年生まれ。現在は広島市内の安田幼稚園に通っているそうです。

 音楽に目覚めたのは2歳のとき。中国地方で盛んな舞楽である「神楽」を見に行ったことがきっかけで、奏楽の和太鼓に興味を示し、その後リズム打ちを真似はじめたんだとか。

 3歳になるとお父さんが主催する室内楽団からお下がりの小型ドラムをもらい受け、毎晩毎晩お父さんにセッションをおねだりし、親子でドラム&ピアノのセッションをする日々に。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!