0

東京マラソンの新コース、神田・靖国通り沿いの名店紹介

2017年2月9日 20時00分 (2017年2月13日 08時08分 更新)
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。2月9日(木)の放送では、2月限定のマンスリーコーナー「東京走っちゃう?」に雑誌OZmagazineの編集長・古川誠さんが出演。東京マラソンの新コース、神田・靖国通り沿いについて教えてもらいました。



このコーナーでは2月26日(日)に開催される「東京マラソン2017」に向け、その魅力を紹介していきます。この日のゲストの古川さんは、なんと第一回から東京マラソンを見続けていて、毎回仮装して走っているランナーを見るのが楽しみだとか。さらには、「みなさん話しかけると応じてくれるし、走るだけじゃない、東京マラソンならではのコミュニケーションがありますよね」と話していました。

そして本題、神田・靖国通り沿いについてですが、そこは昔から街道として栄え、素敵な老舗がたくさん残っていると古川さん。特に神保町のあたりはカレーや洋食などのおいしいお店がたくさんあるそうです。その中でもおすすめは靖国通り沿いにあるビアホール「ランチョン」。カキフライやハンバーグなどベタな洋食メニューがたくさんあり、どれもおいしいそうです。また、たかみなが大好きなカレーのおいしいお店を教えてとお願いすると、古川さんは「キッチン南海」をチョイス。定食屋さんながらカツカレーが本当においしいそうです。

続いて、話題は東京マラソン10km地点の日本橋あたりへ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!